It talks with the Luna.

井上昌己(いのうえしょうこ)応援サイト

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝靄の風景

朝靄

昨年の12月初旬の早朝、輪島にて


SIGMA DP1
RAWで撮影
デフォルトのまま現像
28mm短焦点のため、16分の1程度をトリミング


| LUNA(フォトログ) | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんともいえない美しさですね。朝霧ってどういうときに起きる現象なんでしょう。書いてなければ夕焼けと間違えちゃいそうです。

| あんみつ姫 | 2010/01/09 16:46 | URL | ≫ EDIT

こんばんは、あんみつ姫さま

この写真を撮った日は朝7時くらいでとっても寒かったです。
そこで、ちょっと朝靄(霧)をネットで調べてみました。

  晴れた冬の日に、地表から熱が放射され地面が冷えて、地面に近い水蒸気を多く
  含んだ空気を冷やすことで発生するそうです。
  つまり、前日の夜には割と暖かかったり雨が降って湿度が高かったりした後で、
  翌日の朝には晴れて冷え込む(放射冷却)と発生しやすいそうです。

前日の天気は覚えてませんが、条件にあってそうですね。
それに手前が田んぼなので、アスファルトやコンクリートで土が見えない街中に比べると地中の水分が空中に出て靄が出やすいんじゃないですかね。

| はる | 2010/01/09 18:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shoko.blog5.fc2.com/tb.php/409-6aacf1f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。